配偶者の浮気問題をサポートします。サポート内容は配偶者と浮気相手と直接話をするにあたってのアドバイスや、配偶者の浮気相手と取り交わす合意書の作成などです。

夫の浮気は夫に言うだけではおさまりません

たとえば、夫が浮気したときに、夫を怒ってもうしないと約束させたり、夫に誓約書を書かせたりする人も多いと思います。

しかし、夫の浮気は夫に言うだけではおさまらないのが現実です。

浮気相手に対し、もうやめてもらうように要求しない限り、水面下で続くことになるでしょう。

 

離婚するしないにかかわらず浮気相手に慰謝料は請求できます

まだ離婚するかどうかわからないので、浮気相手に対してもどう動いてよいかわからないという人もいます。

離婚するかどうかを焦って決める必要はありません。

たとえ離婚しなくても、浮気相手に慰謝料は請求できます。

まず浮気相手に責任をとってもらってから、自分がどうするかを考えるのでもいいのです。

 

配偶者の浮気相手と自分で話をしたい人をサポートします

弁護士に依頼して、浮気相手に慰謝料請求をすると同時に、もう不貞関係を持たないよう書面を取り交わす方法もあります。

しかし、必ずしも弁護士に依頼する必要はなく、直接相手と会って話し合いをすることもできます。

当オフィスではご希望の方には弁護士を紹介していますが、直接会って話をしたいという人に対しては当オフィスでサポートを行っています。

 

費用もかけたくないし、できれば自分で話をしたいけれど、実際にどういう手順で進めたらよいのかわからないという人も多いと思います。

当オフィスでは、この分野でも実績がありますので、浮気相手と話をするときのコツや手順について細かくアドバイスします。

(※ただし、交渉の席に同伴はできませんので、ご了承ください。)

相手と慰謝料についての話し合いがまとまったら、その内容を合意書として書面にすることも行っています。

 

特に女性では当初は浮気相手と会うことに消極的だった人も、いろいろ考えているうちに「やはり自分で決着をつけたい」という気持ちに変化する人が多いです。

当オフィスでサポートした女性のほとんどが、自分で相手ときちんと慰謝料の話をし、約束どおりの金額を払ってもらっています。

そして、浮気相手に会った女性のほぼ100%が、「相手と直接会って自分で話をして良かった」と言っています。

 

浮気の証拠がない人は調査もサポートします

浮気相手と話をするときには、浮気の証拠を持っておくことが重要です。

結局、浮気の証拠がなければ、動きづらくなってしまいます。

 

当オフィスでは、浮気の証拠がない方には、提携している探偵をご紹介しています。

証拠をおさえた上で、自信を持って話ができるよう、全面的にサポートします。

 

なお、調査には費用がかかりますが、当オフィスのこれまでの実績では、調査費用や合意書作成費用も慰謝料に加えて回収している人がほとんどです。

調査は内容によって費用も随分変わってきますので、まずはご相談ください。

電話受付(10時~18時)06-6450-6772※電話には出られないことがあります。お問い合わせはなるべくLINEをご利用ください。

お問い合わせフォーム